転職活動の面接で、「退職理由」と「志望動機」は何と伝えるべき?

転職活動の面接で

「なぜ辞めたかを聞かれても、正直に答えづらい…」
「志望動機なんて、そんなに明確なものはない…」。

そんなふうに思う人もいると思います。
でも、大丈夫。成功のカギは、「シンプルに1つに繋げて考える」ことと、「ポジティブに切り替えて考える」こと。

ここから詳しく解説していきます。

「退職理由」と「志望動機」を、シンプルに1つに繋げて考えてみる!

>そもそも、なぜ「退職理由」と「志望動機」を聞かれるのか?

面接で、必ずといっていいほど聞かれる「退職理由」と「志望動機」。

一応聞かないといけないから、型どおりに質問しているの?
と思うかもしれませんが、決してそうではありません。

企業にとって、これらの質問は、必須であり、重要事項なのです。
なぜ前職を辞めた(辞めたい)のか、なぜ次のキャリアとして、この会社を選んだのか。

企業側は、これを確実に理解し、さらに「納得」したいと思っています。
なぜ転職したいのか、これからどう働きたいのか、本人の口から直接聞くことで、転職における「ミスマッチ」を防ごうとしているわけです。

転職後、“長く”働いてもらえるか、それが重視されている!

あなたにとって転職が重要であるように、多くの企業にとっても、採用活動は重要です。

採用にあたっては、準備や募集、採用した後の受け入れに、かなりの費用と労力がかかるからです。
そして、採用後に即戦力になれるに越したことはありませんが、それ以上に「長く」働いてもらえることも重要なのです。

つまり、「もし採用しても、すぐ辞めてしまっては困る」のが企業側の気持ち。
そのために、「前職と同じ不満を持ったり、やりたいことが叶えられない」といった状況を最大限に防ぎたいと考え、「退職理由」と「志望動機」を聞いているのです。

こういった企業側の想いを理解しておけば、自分が答えるべき言葉、伝えるべき点が見えてくるのではないでしょうか。

つまり、「こんな気持ちがあって辞めたけれど、御社で働けば、これが叶うと思う、だから働きたい」という率直な想いです。

シンプルに考えれば、相手の知りたいこと、話すべきことが見えてくる!

「退職理由」と「志望動機」という言葉を聞くと、何か立派な、どこに出しても恥ずかしくない文章を考えねば、と気負ってしまうかもしれません。

履歴書や職務経歴書においてはしっかりした文面も必要ですが、面接においてどう言うかについては、もっとシンプルに考えたほうが、「自分の言葉」としてしっかり相手に伝わります。

STEP1:シンプルな答えにしてみる

「退職理由」:前職の「この部分」が、自分の目標や考え、状況と合わなくなってきた。もっとこんな仕事がしたいと思った。

「志望動機」:御社の募集要項をみると、自分の目標や考えと合致している。
こんな仕事がしたい、こんな活躍ができるのでは、と期待している。

いかがでしょう?
このようにくだけた言葉で考えてみると、スッと浮かんでくるのではないでしょうか。

そして、ここでもう一つ気づく点があると思います。
それは、「もっとこんな仕事がしたい」≒「こんな仕事がしたい、こんな活躍ができるのでは」であること。
「退職理由」≒「志望動機」であり、これら2つは繋がっている、ほぼ同じと言えるのです。

STEP2:1つに繋げてみる

退職理由&志望動機:前職では「この部分」が、自分と合致しなかったし、年々ズレてきた。
現状では果たせない部分を、御社では叶えたいと思っている

このように、1つに繋げて語れればベスト。それがあなたの転職活動の「柱」となるのです。
たまに、「退職理由」と「志望動機」が重複していることを気にする人がいますが、心配はありません。

志望動機を語るとき、「退職理由とも重なるのですが」と一言そえればよい話。
むしろ、話に一貫性があることは好印象です。

「退職理由」と「志望動機」は、「ポジティブ」に切り替えれば説得力が高まる!

ネガティブな内容でも、「こうしたい」「ここを変えたい」と考えれば、ポジティブに変わる!

「退職理由」と「志望動機」を1つに繋げて言いたくても、退職理由が「上司や同僚と合わなくて人間関係に疲れた」「同じ仕事の繰り返しでつまらない」「きついノルマから正直逃れたい」といったネガティブな理由である場合、そのまま伝えるのは問題があります。

「人間関係に疲れてしまいましたが、御社はいい人ばかりそうなので、働きたい」では、社会人として通らないでしょう。
そうならないための1つ目の方法は、「ポジティブ」に切り替えること。

「上司や同僚と合わなくて人間関係に疲れた」→「前職では、個人がバラバラに働いていて、協働の意識が低いように感じた。

そういう体制であったので仕方ない部分もあるが、自分はもっと皆と協力して働きながら成果を出したい(だから、それが叶う場所を探している。御社はそういった環境であると感じ、応募した)」

「同じ仕事の繰り返しでつまらない」→「前職では、人数が多く分業化されており、自分の担当業務の範疇が決まっていた。
それは、効率化の面では良いとは思うけれど、自分は一人の社会人として年々成長していきたい(だから、自分がスキルアップしていける環境のある御社で働きたい)。」

「きついノルマから正直逃れたい」→「前職では、ノルマが課されており、それが評価基準だった。
目的意識づくりには一定の効果があるとは思うが、数字だけを追うような風土になっており、自分は、数字だけではない提言や改善をして長期的に会社を良くしていくような働き方がしたい(だから、それが叶う御社の職務に興味をもっている)。」

このような切り替え・言い換えを自分の中で考えてみましょう。
頭の中だけでなく、紙に書いてみるのもおすすめ。

頭の中では「論理」を重視して考えておき、面接では「感情」も加えて相手に伝える。それが説得力を増す結果につながります。

ただし、あくまで、自分に正直に。嘘のない想いは自信となり、相手に必ず伝わります。

ポジティブに言い換えるといっても、事実を無理やり曲げるのはおすすめしません。

仮に、嘘を交えて面接を突破したとしても、後々、長く働き続ける上では自分を苦しめることになるからです。
あくまで「視点の切り替え・言葉の言い換え」であり、根本的には自分に正直でいること。

客観的に自分のこれまでの働き方と、大切にしたいことを見つめることで、自分が本当にやりたいこと、大切にしたいことが浮き彫りなった、という過程が重要です。

まとめ

ここまで退職理由

ここまで、「退職理由」と「志望動機」について掘り下げて考えてきました。

大切なのは、決して「1つの絶対的な正解、模範解答」があるわけではないということ。
新卒ではなく転職だからこそ、今までの経験も違えば、感じている違和感、譲れない点は、果たしたい想いは一人ひとり異なります。

まずは自分の中で「なぜ自分は現状を変えたいのか」を見つめ、「それが面接先の企業で叶えたい」ということを、シンプルな言葉で表現することが大切。
嘘のない想いと、そこから生まれる言葉は、あなたに自信を与え、転職活動そのものも、前向きにブレずに進めることができるはずです。

タイトルとURLをコピーしました